便秘解消

便秘解消にいい食べ物を教えます。食物繊維・ごぼうとか…薬の副作用にも注意

便秘解消にいい食べ物は?
効果的な食べ物は食物繊維の含まれたものだけではありません。他にもまだまだたくさんあるんです。ここで紹介するのはほんの一例ですが、参考にしてみてください。

 

便秘解消にはどんな食べ物がいいんだろう?
便秘解消にもっとも効果的なのは、これまでにも触れてきたとおり、食物繊維です。
が、この成分の含まれた食べ物についてはまた別のページで詳しく解説することにして、ここではそれ以外の便秘解消に有効な食べ物を紹介していきます。

 

今夜のレシピからぜひ参考にしてみてください。

 

にんにく
にんにくはさまざまな病気を予防してくれる食べ物として知られていますが、便秘の解消にも効果的。
アリシンという成分が、腸が便を外に押し出すぜん動運動を活発にしてくれます。

 

腸の善玉菌も増やしてくれる効果もあります。

 

プルーン
プルーンには食物繊維も多く含まれているのですが、それ以上に便秘解消のために働いてくれるのがソルビトールという成分。

 

下剤ほど強力ではありませんが、お腹を自然に緩くしてくれる効果があります。

 

りんご
りんごに含まれるペクチンは、他の果物に含まるペクチンと違い、ビフィズス菌を増やす働きがあります。
食べるときは皮を剥かずにそのままで。ジュースは濁っているものを飲むようにしてください。

 

バナナ
バナナには腸内環境を整えてくれるオリゴ糖がたっぷり。
食物繊維も含まれているので、便秘解消のためにはうってつけの食べ物です。

 

緑茶
緑茶の渋みはカテキンという成分。

 

このカテキンには、オリゴ糖と同じく、腸内環境を整えてくれる働きがあります。
腸内の悪玉菌だけをやっつけて、善玉菌を増やしてくれるのです。

 

ナチュラルチーズ
ナチュラルチーズに含まれる乳酸菌は腸内の善玉菌の1種。

 

腸内の善玉菌を増やしてやることによって、便秘解消につながります。
同じチーズでも、プロセスチーズには乳酸菌はあまり含まれていませんので注意を。

 

アロエ
アロエに含まれるアセマンナンという成分に便秘解消の効果があります。
ただし、注意点がひとつ。

 

アロエの皮の苦い部分は大量にとりすぎると、腹痛や胎盤内出血を起こすことがありますので、生理中や妊娠中の女性は控えた方がいいでしょう。

 

>>宿便を出す漢方薬はこちら

 

食物繊維の食物で便秘解消

日本人の食事の欧米化に伴う食物繊維不足が原因で、便秘に悩まされる人が増えている。直腸性と弛緩性の便秘は食物繊維で解消しましょう。けいれん性の便秘には、海藻やこんにゃくなどに含まれる水溶性のものが効果的です。

 

食物繊維が便秘解消の近道
さて、これまでにも述べてきましたように、便秘解消の方法としてもっとも王道なのは食物繊維の摂取です。
女性に多い直腸性と弛緩性の便秘は主に食物繊維の不足が原因だからです。

 

食物繊維の摂取目安量として定められているのは1日25g。

 

ですが、最近は日本人の食事も動物性タンパク質がメインの欧米型になりつつあり、平均で1日15gしか食物繊維をとれていません。

 

そのため、日本でも便秘に悩まされる人の数は年々増えてしまっているんです。

 

食物繊維とはそもそも、ヒトの消化酵素で消化することのできない食べ物のカスです。
ですが、このカスはその優れた保水性で便を柔らかくし、その量も増やしてくれます。

 

便の量が増えると、腸壁への刺激になり、腸のぜん動運動も活性化されます。

 

場合によっては、食物繊維も逆効果にただし、気を付けてほしい点がひとつあります。

 

男性に多いけいれん性便秘の場合、食物繊維の摂取が便秘の症状を逆に悪化させてしまうことがあるということです。

 

食物繊維は大きく分けて、水溶性と不溶性の2種類。

 

そして、けいれん性便秘に逆効果になってしまうのは、不溶性の食物繊維です。

 

けいれん性便秘は腸の働きが活発になり過ぎてしまっていることによって起こるものですが、不溶性の食物繊維は腸の働きをさらに活発にさせてしまうからです。

 

ですので、女性に多い直腸性と弛緩性の便秘には、水溶性と不溶性、両方の食物繊維をバランスよく、男性に多いけいれん性の便秘には水溶性の食物繊維が望ましいのです。

 

水溶性と不溶性
水溶性と不溶性の食物繊維、それぞれの特徴と多く含まれている食べ物は以下のとおりです。

 

水溶性食物繊維
水に溶けやすく、体内ではゲル状になります。
便に水分を与えて便秘を解消してくれ、さらに糖やコレステロールの吸収を抑える効果もあります。

 

<多く含まれている食品>

 


こんにゃく
不溶性食物繊維

 

体内で水分を吸収して膨張します。

 

そのため、満腹感を得られやすく、膨張した食物繊維は腸への刺激になってぜん動運動が活性化されます。

 

<多く含まれている食品>

 

玄米
大豆

 

 

 

 

 

便秘解消の薬の副作用

薬は自然の流れに逆らって無理やり排便させるものなので、副作用があります。それに薬を飲んでも、便秘は一時的にしか解消されません。薬はあくまでも補助的なものとして、正しく使いましょう。

 

便秘解消の薬に副作用は?
便秘解消したいとはいえ、薬には頼りたくない。
そんな方は、副作用を恐れているのではないでしょうか?

 

便秘薬は自然の流れに逆らって無理やりに排便させるものですから、やはり副作用はあります。

 

お医者さんから処方してもらった便秘薬を少量服用するくらないなら心配はありませんが、市販の便秘薬は使い方や選び方を間違えると、以下のような副作用が現れます。

 

服用を続けると耐性がついて効かなくなる
長期間、便秘薬の服用を続けることによって耐性がついてしまい、効果が薄くなっていきます。
そのため、さらに刺激の強い薬を服用したり、量が増えるなどして、薬への依存が強くなってしまいます。

 

腸が働かなくなる
便秘薬の刺激がなければ、腸が働かなくなってしまうという状態に陥ってしまうことも。

 

自然排便ができなくなってしまっているわけですから、こうなったら病院に行くしかありません。

 

腹痛、嘔吐などの症状
作用の強い便秘薬ほど、腹痛、嘔吐などの副作用も現れやすくなります。

 

最初のうちはなんともなかったのに、服用を続けているうちにある日、突然、これらの症状に襲われることも…。

 

便秘解消の薬はあくまでも補助
便秘解消のために薬を服用することは、必ずしも悪いことではありません。
けれども、日常的に服用することによって、上記のような副作用も出てしまいます。

 

便秘薬に含まれる酸化マグネシウムの副作用で意識障害になったり、死亡者が発生した……なんてことも過去にはあります。

 

それに、薬で便秘を解消してもそれは一時的なものに過ぎず、根本的な治療にはなっていません。

 

薬は使用するとしても、あくまでも補助的なものとして考え、ふだんの生活や食事を改善させることで、便秘は治していくようにした方がいいでしょう。

 

 

 

 

 

ごぼうで便秘解消

食物繊維を摂取するなら、ごぼうがいちばん。カリウムというミネラルも含まれていて、これは便を押し出す腸の働きを活発にしてくれます。食物繊維とミネラル、ふたつの効果で、ごぼうは便秘を解消してくれるんです。

 

ごぼうの食物繊維の含有量は野菜の中でトップクラス
前のページで詳しく紹介した、便秘解消に抜群の効果を発揮する食物繊維。
それがたっぷりと含まれている野菜の代表格はごぼうです。

 

ごぼうの食物繊維の含有量は100gあたり5.7g。

 

すべての野菜の中でもトップクラスの含有量です。

 

ごぼうに含まれているのは水溶性と不溶性、両方の食物繊維。

 

ですが、この水溶性食の方は、ごぼうを水にさらしてアク抜きすると流れ出してしまいます。

 

ごぼうの食物繊維を効率よく摂取するにはどうすれば?

 

すまし汁にして食べるがいちばんです。

 

これならば、水に溶け出した食物繊維はもちろん、ミネラルなどの栄養分もいっしょにとることができます。
というわけで、そのとっておきのごぼうレシピを紹介します。

 

ごぼうと鶏肉のすまし汁
材料(4人分)
ごぼう 80g
鶏肉 80g
木綿豆腐 100g
みつば 1株
水 適宜
酒 適宜
みりん 適宜
淡口醤油 適宜
塩 少々
作り方
ごぼうをさきがけにして、水といっしょに鍋に入れて火にかける。
沸騰したら、鶏肉を適当な大きさに切って入れる。
また沸騰したら、木綿豆腐を角切りにして入れる。
酒、みりん、淡口醤油、塩で味を付ける。
お椀に盛って、みつばを添えたら出来上がり。
ごぼうに含まれるカリウムも便秘解消に効果あり

 

ごぼうが便秘解消にいいのは、食物繊維のおかげだけではないんです。
ごぼうに含まれる「カリウム」は、体のいろんな筋肉を動かすのに必要なミネラル。
便を外に押し出す、腸のぜん動運動も活発にしてくれます。

 

食物繊維とカリウムのダブル効果で、ごぼうは便秘解消にいいというわけなんですね。

 

良いごぼうの選び方
最後にオマケとして、良いゴボウの選び方をお教えします。
買うときに参考にしてみてくださいね。

 

細く、まっすぐ伸びている(太く、大きいものは筋張って硬い)
細いひげのような根が少ない
泥付きのものの方が香りがいい

 

 

 

便秘解消のまとめ

便秘解消にいい食べ物は?
効果的な食べ物は食物繊維の含まれたものだけではありません。他にもまだまだたくさんあるんです。ここで紹介するのはほんの一例ですが、参考にしてみてください。

 

便秘解消にはちみつがイイ?
はちみつにはさまざまな効能がありますが、解消にも効果は大。グリコ酸という成分が腸内のビフィズス菌を増やしてくれます。そんなはちみつの、おすすめのドリンクレシピを紹介します。

 

食物繊維の食物で便秘解消
日本人の食事の欧米化に伴う食物繊維不足が原因で、便秘に悩まされる人が増えている。直腸性と弛緩性の便秘は食物繊維で解消しましょう。けいれん性の便秘には、海藻やこんにゃくなどに含まれる水溶性のものが効果的です。

 

ごぼうで便秘解消
食物繊維を摂取するなら、ごぼうがいちばん。カリウムというミネラルも含まれていて、これは便を押し出す腸の働きを活発にしてくれます。食物繊維とミネラル、ふたつの効果で、ごぼうは便秘を解消してくれるんです。

 

ウーロン茶で便秘解消テクニック
お手軽にできる便秘解消法としておすすめなのがウーロン茶。ポリフェノールのという成分が腸の働きを活発にして、排便を促してくれます。さらにダイエット効果まで期待できるから一石二鳥なんです!

 

便秘解消の薬の副作用
薬は自然の流れに逆らって無理やり排便させるものなので、副作用があります。それに薬を飲んでも、便秘は一時的にしか解消されません。薬はあくまでも補助的なものとして、正しく使いましょう。

 

便秘解消薬の注意点
便秘解消薬とは基本的に下剤のこと。症状を一時的に和らげることはできますが、乱用すると副作用を起こしてしまいます。また、けいれん性の便秘には逆効果になってしまうこともあります。